【格安SIM】持ち込みスマホ修理保証問題~続・ETOREN購入のGalaxyS7が故障して・・・

今日は↓こちらの記事の続きです。

保証期間内の故障についてETORENに修理申し込みをしてみた

2017.01.01

さてさて、保証期間内に故障したものの、ETORENより水没により修理不可とされた私のGalaxyS7。スマホを格安SIM運用していると、こういう時にちょっと困ります。

格安SIM事業者を選ぶ時に参考にしたい、持ち込みスマホの修理保証オプション

ふつう、格安SIMにするタイミングでその会社が取り扱っている端末を同時購入すれば、その事業者に修理対応を求めることができます。しかも最近では同時購入のみならず、それまで使っていた大手キャリア取り扱いのスマホの持ち込みの格安SIMのみ契約であっても、月払いの補償プランをオプションで付ければ格安SIMの事業者に修理対応してもらえるようです。

たとえばIIJ『つながる端末保証』では、月額500円で

・SIMフリースマートフォン
・キャリア端末(docomo,au)
・iPhone

これらを修理・交換してもらえるとのこと。画面割れや水濡れに全損でも保証対象で、修理中には端末の貸し出しもあり。スマホから指定のURLに飛んでIMEI番号を入力すれば保証オプションを付けられるというのは手軽で良いですね。ただ、加入可能タイミングはSIM契約時のみなので注意が必要です。

OCNモバイルONEの持込スマホの修理補償サービス『あんしん補償』も同じく月額500円で上限50,000円までの範囲で修理を請け負ってくれます。※修理代金が50,000円を超えた場合は、差額は契約者負担。なお修理依頼するさいに故障したスマートフォンの保証書のコピー・購入時のレシートの提示が必要です。加入タイミングはいつでもOKとのこと。

またmineoでも持ち込みスマホの保証オプションがありまして、こちらもまたまた月額500円で加入できます。持ち込み機種のうち保証可能端末一覧は下記ページ内のリンクから検索できます。mineoでも代替機の貸し出しはあるものの、有料(3,000円)とのこと。加入タイミングは、こちらもいつでもOK。

ちなみにいつでも保証プランを付けられるといっても、機種の発売日から○年以内のものに限られたり、修理はどちらも無料だけど交換代金に差があったりで、持ち込み端末で格安SIMに乗り替える時はこのあたりも比較して選びたいものですね。※上記は記事作成日の情報ですので詳細は事業者の公式HPをご確認ください。

まあお前が言うなって話ですが。
どっちも国内で販売された機種のみ対象っぽいのでGalaxyS7はOUTです。
まさに自己責任な事態に陥っております。

はあ。いろんな格安SIM事業者のプランを検索していたら保証と補償が頭でごっちゃになりました。。。

最後の頼みの綱、民間のスマートフォン修理業者に依頼する

格安SIMに乗り換える人が多くなったここ数年で、民間のスマホ修理業者も増えました。故障品を先方に送って有償修理してもらうネット上のスマホ修理屋さんだけではなく、靴修理のMr.ミニット的な感じで、駅構内やデパートの一角に「スマホ修理」の看板が出ているのを度々見かけるようになりましたね。

頼るなら今でしょ。
ということで、近所にオープンしたばかりのスマホ修理屋さんに依頼してみました。

それでですね、結論を先にいってしまうと、やっぱりGalaxyS7が回復することはありませんでした。とても親切・誠実に対応していただいたので、本来ならば宣伝をしたいのですが、齟齬があってご迷惑をお掛けしては先方に申し訳が立たないので、ここでは修理業者名は伏せておきますね。

基盤は腐食していなかった?GalaxyS7の分解

非常に親身になってくださった修理業者さん。
水濡れで修理不可となった旨はお伝えしていたので、分解したタイミングで「どうやら腐食していないようなので、よかったら中の状態を見に来てください」と電話連絡をくださいました。

それで、こちらがGalaxyS7の基盤です。

dav dav

初見、てっきりシールがピンクだから水没しているのかな、と思ったのですが、これは元々で滲んでいなければセーフなようです。ネットで調べた時は海外と国内のモデルでシールの仕様が異なるとあったのですが、ともかく、見た限り明らかな腐食はないもよう。

やっぱり当初の予想通り、故障原因はOSの不具合のようです。(修理業者さんは「OSの焼き付けが甘かったのかも」とおっしゃっていました)
その後、ネット上の修理業者さんにも修理相談に乗っていただいたのですが、Galaxyはアップデートで故障するケースが多く、こういった相談は頻繁にあるそうです。まあ寝る前にアップデートしておいて、翌朝確認したら壊れていたのだから、そりゃやっぱり、そうですよね。最後の最後に改めてETORENにも確認してみたのですが、ともかく修理できない旨の回答が返ってきただけでした。

故障したGalaxyS7はroot化で起死回生の可能性もあり?

しかしながら、この状態からでも自分でroot化すればワンチャンあるそうです。この自分で、というのがキモで、業者さんでは端末が文鎮化する恐れがあるroot化は対応してくれません。(既に文鎮化してるんですが…)

GalaxyS7のroot化自体は、ネット上にツールがありハウツーを上げておられる方も大勢いるので通常ならば難しくはないのですが、端末の電源が入らない状態で開発者権限のロックを外す方法(←壊れていなければ開発者オプションの該当箇所連打で解ける)がわからず…いじくっているうちに端末自体ボタンを押してもうんともすんとも言わなくなり…リカバリーモードにもいけなくなり…なんか端末上部の青ランプだけ光っている状態になり…そこで私はついに…

やーーーーめた!
あきらめました。

これがもしも国内で購入したGalaxyならば、日本サムスンに対応してもらえるケースだと思うんですね。やっぱり海外通販は私には活用しきれませんでした。分不相応でした。ごめんなさい。
ということで、

さよならGalaxyS7、短い間だったけれど楽しい時間をありがとう!

実はETORENから修理保証外の旨を連絡いただいた時点で、なんだか気持ちが↓↓↓となってしまい、すでにiPhone5Sではなく、別の端末を入手して使ってました。。。で、その機種がファーウェイP9liteなんですが、それがあまりに良すぎて…どのくらい良かったかというとP9liteを売却した資金にプラスαして先日P9を購入するほどでした。。
ともかく、これもまた別の記事でお話しますね。

では今日はこのあたりで。